2018.01.13更新

盛岡市で交通事故専門のりぼん整骨院です

気持ちのよい目覚めを迎えるために、伸びをする他に、もう一つ大切なことがあります。それは、伸びをした後に「ああ、よく寝た」と思うことです。たったこれだけのことですが、頭が驚くほどスッキリします。

これは、「よく寝た」と思うことで、「満足感を強化する」ことにつながるからです。伸びをすることによって、体に刺激を与えることができます。それに加え、「よく寝た」と言うことによって、精神的にプラスの評価を与えてあげるのです。そうすれば、脳は「いい睡眠をとった」と認識するため、満足感に満たされます。その結果、疲労感のない爽快な目覚めを迎えることができ、朝から活力が湧いてきます。

目覚めに限らず、物事に対して「プラスの評価」をするのは大事なことです。仕事で頑張った人に「よく頑張ったな」、食事をした後に「おいしかった」など、事実にプラスの評価をするのです。そうすると、簡単に満足感が得られ、このようなプラス思考は、精神的な作用ばかりでなく、身体的な疲れの軽減にもつながります。疲れを感じている人より、疲れを感じていない人のほうが気力・体力ともに充実していますし、行動的です。それがさまざまな活動において、大きな差をもたらすことになるのです。

 

 

  • 監修院 オフィシャルサイトはこちら りぼん整骨院 TUCHIMURA BONE SETTER
  • みなさまのお悩みに お答えします 交通事故治療 相談BOX
  • りぼん整骨院 公式フェイスブック Facebook